スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

北アルプスデビュー縦走記 ~燕岳~大天井岳~常念岳~ 2日目② 

DSC01805.jpg

燕山荘から約2時間、ルート上で唯一の危険個所?の切通岩にやって来ました。

急な梯子に鎖が付いていますが、特に問題なく通過しました。
詳しいことは省きますが、ここには小林喜作さんのレリーフがありましたので、一応は記念撮影。

DSC01767 DxO

すぐに槍ヶ岳との分岐点に到着です。
喜作新道と東鎌尾根を経て、槍ヶ岳へは当然向かいませんよ^^; でもいつか向かう日が来るかも・・・・

IMG_0122 DxO

ここからは燕山荘から歩いてきた稜線が良く見えましたよ(^^♪
そして東側からはかなりの雲が湧いてきてるのがよく分かります。

DSC01768 DxO

分岐点からは大天井岳をトラバースしながら、大小の岩が転がるガレ場の登りです。
このルートで一番の頑張り処ですね。
焦らず、息が上がらないように意識して丁寧にゆっくりと歩き、40分で大天荘に到着です。

DSC01770 DxO

IMG_0129 DxO

40分前まで見えていた周りの景色は、大天荘に着いた時には、ガスで何も見えなくなっています。
楽しみにしていた大天井岳からの展望も当然ゼロです・・・・

DSC01776 DxO

この先の常念岳までは終始ガスに覆われ、特に見どころはないのですが・・・・

IMG_0132 DxO

東天井岳の先では、悪天になると現れるという「雷鳥」に遭うことが出来ました。
意外と大きく、更に栄養満点なのか、かなり太っていました・・・・
人は天敵ではない為か、噂通り逃げる気配はありません。

IMG_0139 DxO

IMG_0141 DxO

途中、もう9月だというのに、チングルマが咲いている場所がありました。

IMG_0134 DxO

大天荘から約2時間半で13:30常念小屋に到着しました。勿論ここも、ガスで何も見えませんね・・・・

DSC01778 DxO

DSC01779 DxO

まぁ~雨に降られなかっただけラッキーだったと思うしかないようです。
条件がよければ、この日の内に常念岳まで登ってしまおうと思っていましたが・・・・

常念小屋では同室になった3名の方と山の話で盛り上がり退屈することはありませんでした^^
見ず知らずの人といきなりの同室、ちょっと不安もあったのですが・・・・
みんな趣味は同じ、意外と楽しいものです。
PM9:00消灯、明日の晴れを祈り就寝しました。

3日目(最終日)に続く

詳しい山行情報を知りたい方はヤマレコをご覧ください。

category: 山登り

thread: フォト日記  -  janre: ブログ

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://canondale534.blog.fc2.com/tb.php/490-f6835de6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

リンク

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

RSSリンクの表示

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。