スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

2回目の八ヶ岳(硫黄岳)② 

ガイド本でよく見ていた硫黄岳の爆裂火口を実際に見てみると、やはり迫力があります。
落ちたら命はありませんね・・・・

IMG_0059_DxO

AM10時前に到着したので、余裕で横岳まで行けるかと思っていたのですが、
むこう方向はガスに覆われ始めました。

少し様子見をしていましたが、あっという間に自分がいる硫黄岳までもガスに覆われ、
何も見えなくなり、眺望は望めそうもないので諦めました。

IMG_0060_DxO

下りは夏沢峠経由です。右手には硫黄岳の爆裂火口が見えるますが、
ガスでハッキリとは見ることは出来ません。
しかし相当切れ落ちているのはよく分かります。

IMG_0066_DxO

暫くザレ場を滑らないよう慎重に下ると、眼下に夏沢峠が見えてきました。
かなり小さく見えたので、まだかなり下らないといけないと思ったのですが、
意外に早く到着することが出来ました。

IMG_0068_DxO

夏沢峠から硫黄岳を見上げることが出来るのですが、
当然ガスが掛かっていて見ることは出来ません・・・
ちなみにここには、ヒュッテ夏沢と山びこ荘がありますが、営業はしていませんでした。
あとから知ったのですが、山びこ荘にはモモンガがいるそうです。

IMG_0084_DxO

ここからは先は再び樹林帯歩きとなり、オーレン小屋に到着、
朝ここら見た空は雲一つない晴天でしたが・・・

IMG_0093_DxO

約1時間で桜平に到着、このあたりは紅葉がちょど良い感じでした。

IMG_0099_DxO

途中からガスってしまいましたが、それでも赤岩の頭から見た八ヶ岳の核心部である
横岳や赤岳、阿弥陀岳は迫力がありました。
次回(もちろん来年ですが)は、最低でも赤岳まで行ってみようと思っています。
3度目正直で天候に恵まれると・・・・

今回の山行動画です↓



詳しい山行情報は、ヤマレコをご覧ください。

category: 山登り

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://canondale534.blog.fc2.com/tb.php/390-8326c189
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

リンク

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

RSSリンクの表示

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。