スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

初めての八ヶ岳②(下り編) 

img_0096.jpg

東天狗岳では約10分休憩、天気がどう転ぶか不明だったのであまり長居はせずに、

黒百合ヒュッテ方向に下り始めました。

暫くは北八ヶ岳を見ながら進みます。中央上部にニュウが少しだけ見えていました。(左)

やがて中山峠とすりばち池の分岐にきましたが(右)、今回はすりばち池方向に進みます。

img_0092.jpg   img_0094.jpg

ヒュッテまでは99%が大岩が無数に転がる岩場を進むことになります。(左)

暫く進み振り返ると、両天狗岳はガスに覆われつつありました。(右)山頂に立ったタイミングが良かった・・・・ですね。

img_0099.jpg   img_0100.jpg

中間地点の「天狗の奥庭」に到着(左)、慣れない岩場歩きで疲れ気味です・・・・

しかし岩場はまだまだ続きます。(右)しかも小雨が降り始めました。

img_0101.jpg   img_0106.jpg

やがて眼下に黒百合ヒュッテが見えてきました。(左)

最後の岩場を急降下しやっと到着です。(右)、平日の為かかなり静かで、先客は2名だけでした。

img_0109.jpg   img_0111.jpg

滅多に買わないバッチですが、遠方はるばるやって来たので記念に2つ買いました。(左)

天候の回復を待ちつつ約30分休憩しましたが、小雨は止みそうもないので諦めて出発です。

暫くは滑り易い岩が転がっている道を注意しながら下ります。(右)小雨に濡れているので、ホント滑りやすいです・・・・

img_0110.jpg   img_0117.jpg

道中、足場が悪い箇所が殆どなのでかなり疲労しましたが、

「ザ・北八ヶ岳」という比喩がぴったりと当てはまるコケの森が続き、疲労感も吹き飛びました。

img_0119.jpg   img_0124.jpg img_0126_2014030417082207a.jpg   img_0127.jpg

途中、歩荷3名とすれ違いましたが、重い荷物を背負いながらも軽々と登って行きました。流石です・・・・

この後は、やや古めの丸太橋を2~3箇所渡り、最後に開けた場所にある鉄骨の橋を渡ります。(左)

この突き当りにある案内板を右に折れれば(右)、すぐそこが唐沢鉱泉です。

img_0132.jpg   img_0133.jpg

途中鉱泉が湧いている場所がありました。(左)

もちろんお湯ではなく水ですが、なんか不思議な感じがしました・・・・

唐沢鉱泉に戻ってきました。(右)

img_0134.jpg   img_0137.jpg

天気がかなり心配だったのですが、大きく崩れることもなく「初八ヶ岳」を快適に歩くことができ大満足な山行でした。

詳しい山行情報は、ヤマレコをご覧ください。

category: 山登り

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://canondale534.blog.fc2.com/tb.php/386-92a21ae8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

リンク

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

RSSリンクの表示

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。